赤ちゃんの便秘の原因と解消法

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘の原因と解消方法について。赤ちゃんの便秘は栄養バランスの偏りや精神的な問題が大半です。病気の兆候かもしれませんのでしっかりと赤ん坊が便秘する原因を把握し万が一に備えてその解消法を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

まず、赤ちゃんが便秘する原因を知ろう!!

まず、赤ちゃんが便秘する原因を知りましょう。そうする事で、赤ちゃんの便秘を防ぎ解消する事につながります。 一般的に、赤ちゃんの便秘の原因には、おしりまわりや食事内容、精神的なものや病的なものがあると言われています。

食事内容でみると、母乳やミルクが不足してしまうことで栄養が偏り便秘になりやすいようです。
同時に離乳食などもバランスよく食べさせてあげなくては同様に便秘の原因となります。

精神的で原因として挙げられるのは痛みではないでしょうか。ウンチを出した際に肛門に負荷がかかり、亀裂が入ってしまう事は大人でもあります。
同様の事が赤ちゃんでも起きてしまい、その際、排泄時の痛みが赤ちゃんの心に
「ウンチをすると痛い」=「怖い」というイメージが出来てしまい、
ウンチを嫌がります。それが継続する事で便秘となるのです。

個人差もかなりあるようですが、赤ちゃんの排泄間隔を平均すると、2日~3日と言われており長い赤ちゃんでは1週間くらいという例もあるようです。ですから、4日5日ウンチが出なくても、日常生活と変わらない、いつもと変化がないのであれば赤ちゃんは便秘ではないという事になります。

赤ん坊は発達が未熟で成長過程にある為、成人と比較すると排泄の間隔は違って当たり前。少しの間ウンチが出ないからと言って極端に心配をする必要はないのです。成長するにつれ、手足を動かし声を上げるなど身体を動かす事で体力が付きます。
体力が付く事で内臓器官の働きが活発になりリズムが形成されます。そうする事で、ある程度一定の周期で排泄が出来るようになるのです。

スポンサーリンク

先ほど例に挙げたように、排泄時に痛みが伴う、苦しいなどの状況が赤ちゃんを便秘に追い込む場合があります。オムツを交換する際など、肛門にデキモノがないかなども確認してあげましょう。

赤ちゃんが便秘になった時の解消法

赤ちゃんの便秘解消法は成長度合いによって多少変化します。生後1か月くらいの新生児であれば、おなかのマッサージが一番有効ではないでしょうか。まだまだ未熟で腹筋のあまりない新生児は、自分でおなかに力を入れ排泄をする準備が出来ませんので、便秘解消法であるマッサージをするのです。

この便秘解消マッサージの具体的な方法は、赤ちゃんに向かって右腹部(足の付け根あたり)に掌のせ、軽く押しながら丸く円を描くようにマッサージ!
マッサージ以外にも、便秘解消に有効な便秘体操というのもあります。
便秘体操は、仰向けに寝かせ両足首を持ち上げ、膝を曲げた状態で体へ向かっておなかを圧迫する。という方法です。

赤ちゃんを便秘にさせない為に

赤ちゃんを便秘にさせない為に一番心がけたいのは、規則正しい生活をする事です。 毎朝定時に起床させ、決まった時間に食事をする。そして、食事は栄養バランスを考えて与えるようにしましょう。 規則正しい生活をする事で、冒頭にも言ったとおり、排泄のリズムを作るのです。 また、ベビーカーやおんぶでの散歩、日光浴は赤ん坊にとって適度な運動になり、成長過程でとても大切です。 そして、夜は毎日決まった時間に寝かせましょう。

最後にもし赤ちゃんのウンチの匂いが変。状態がいつもと違う。と感じたら、ひょっとしたら便秘ではなく他の病気かもしれません。出来るだけ早く主治医に診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ