カジュアル面接について

スポンサーリンク

近年、カジュアル面接を採用する企業が増えています。カジュアル面接で失敗しない為の服選びや面接でのマナー、ポイントをご紹介

スポンサーリンク

そもそも、カジュアル面接とは

採用企業が増えている『カジュアル面接』。カジュアル面接の主な狙いは、面接者の個性を発見しやすくする為。と言うのが、大きな狙いでしょう。

各地から学生が一堂に集まる面接会場。
みんな同じ様な真新しいリクルートスーツでは、判断しにくくなっているのも事実です。

一般的には、会社説明会等で『カジュアル面接』実施。
あなたのベストカジュアルで面接に来て下さい。と言う様な案内が多いです。
普段着で面接する事で、個人本来の姿をアピールし、その意欲等を判断するのだ!!

カジュアル面接での服装・ファッション

では、『ベストカジュアル』ってなんだ?となるのが一般的な学生さんではないでしょうか。解釈として一番多いのが、普段よくする格好です。履きなれた靴に着込んだシャツ。確かに普段着です。また、中には普段着はツナギだ!!っていう方もいるかも知れません。だからと言って、その格好では『アウト濃厚』です。本当の普段着(本来の姿)で個性を判断するといっても、一見しただけで社会人としてふさわしくないファッションであったり、同性からみても近寄りたくない。不快に思う格好では余計な個性がアピールされてしまいます。清潔感を第一に考え、社会に出て恥ずかしい恰好はやめましょう。

スポンサーリンク

シャツは襟がついていて、清潔感のある物に。
靴は、革靴でなくても問題ありませんが、ぼろぼろのスニーカーでは恰好がつかないのでコインローファーなど近い靴をオススメします。
パンツはジーパンでもいいでしょう。カジュアル面接に多いのはチノパンです。

なんの変哲もないご紹介ですが、カジュアル面接。何着ていこう…。まともな服がない…。なども十分考えられます。
極端な服(露出の多い服装、例えばタンクトップやノースリーブ)を着ていくよりは、スーツの方がいいです。ただ、普段着。と言われていますので、スーツを見本にそれに近いカジュアルなファッションを心がけましょう!

企業面接でのマナーとポイント

ヒゲってあってもいい??
この疑問は多いですね。ヒゲはあっても問題ありません。ただ、あるからと言って好印象には絶対になりませんし、面接官によっては不潔に感じるかも知れませんね。
減点は発生しても、加点は絶対にありませんので剃った方が正解です。長年ヒゲを生やしていると日焼けがあります。これはみっともないですのでしっかりと手入れをしておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ