冬道対策について

北海道を始め雪国で車を運転する上での冬道対策をご紹介!出掛ける前の確認ポイントや道路、交差点、カーブ、トンネルなど要所での安全確認走行方法などについて

スポンサーリンク

冬道走行 安全運転の為のチェックポイント

出掛ける前の車両点検は確実に!!
まずは、タイヤの空気圧を点検しましょう。空気圧が減っていると、ブレーキ性能などを鈍らせます。冬道ではタイヤの性能を最大限に活かしましょう!
次は、タイヤの溝。
タイヤの溝が半分以上減っていたら、交換時です。スタッドレスタイヤは、この溝が命!!
あと、極端に固くなったタイヤは危険です。溝が残っていても交換するべきでしょう。

冬道は夏の乾いた道路と違い燃費が悪くなります。ガス欠にも注意し燃料の給油は忘れずに!!

雪道は平坦に見えるけど危険個所が目白押し!!油断大敵です。

雪道は超危険!!
除雪車が通過した道路はとってもキレイ!だけど、見た目以上に滑ります!!
おまけに太陽の光や車のヘッドライトなども反射しやすく、場合によっては非常に視界が悪くなるんです!!除雪車が通っていない道路に積もった雪。この下はアイスバーンかもしれません!!
決して油断せずにスピードダウンを心がけましょうね。

交差点での追突注意
交差点は発進と停車が繰り返され、道路の雪は締め固められます。非常に滑りやすくブレーキは利きにくいです。車間距離を十分に取り安全に停車できる速度で侵入しましょう!!また、轍(わだち)などもできやすくハンドル操作を誤る危険性もはらんでいます。しっかりとハンドルを握りましょう。

スポンサーリンク

カーブ進入だけじゃない!終わりも危険!!
速度の出し過ぎには注意!!遠心力でタイヤが滑り、スリップする危険があります。
また、カーブの終わりにも車体が遠心力で外に膨らみます。以外にカーブの終わりでの事故が多いのはこの為です。教習所で良く言う『5秒先が見える速度で!!』を守りましょう。

橋の上では、風が路面を変えています
橋の上は、風の影響を受け路面凍結(アイスバーン)をしています。また、急な横風を受けハンドルがぶれる事もありますので注意が必要です。

トンネルの入口出口は要注意
視界が変化するトンネルでは、外気温の変化も生じます。ドアミラーの曇りなどもありますのでシッカリと確認をしておきましょう。入口出口は凍結や突風に注意です。

知っていると以外に役立つ冬道対策

雪が降っていたら、ライトオン!!
ヘッドライトの熱で、雪がライトに積もるのを防ぎ事故防止に!また、視界不良時における安全確保にも役立ちます!

曇るフロントガラス
車内と外気の温度差があり、ガラスが曇ります。視界が悪くなると危険です。外気導入モードにしておきましょう。エアコンも効果的です。

吹雪になってしまったら…
冬は常に天候が不安定です。もし、吹雪になり視界がなくなってしまったら、停車せずゆっくりと走行しましょう。停車すると追突の恐れがあります。ハザードランプをつけ位置を知らせ追突予防です!!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ