名刺用紙の種類について

名刺用紙の種類をご紹介致します。名刺用紙は、普通紙、再生紙などで分類され使用するプリンター(インクジェット、レーザー)によっても用紙を変える必要があります。個性豊かな名刺印刷用テンプレートをダウンロードできるサイトもご紹介いたします。

スポンサーリンク

色々な名刺用紙の種類と用紙の厚み

色々な名刺用紙の種類と用紙の厚みについて解説。

標準紙
標準紙とは、名刺作成におけるもっともポピュラーな用紙で使用割合が最も高い用紙です。標準用紙の種類は、モノクロ用とカラー用が販売されています。
標準用紙は厚さも様々で、好みに合わせて選択が可能です。

再生紙
再生紙は、不要になった紙材等をリサイクルして生成されるエコな用紙でエコロジーが注目されるこの頃では導入する企業が増えています。再生紙も用紙の種類は、標準用紙同様にモノクロ、カラー用の2種類があります。
ただ、用紙の厚さは基本的に1種類で世間一般で使われている厚さのみだと思います。

非木材紙
非木材紙と呼ばれる用紙は一般的に紙の原料となるパルプを使用せず、ケナフやバガスを使用した紙でエコロジーを意識した名刺用紙です。
名刺用に使われる紙は、モノクロ用のみとなっており紙の厚さも統一されています。用紙の厚さは、一般的な規格ですが材質の性質からか若干堅さを感じます。

スマートサイズ
スマートサイズと呼ばれる欧米用紙は、アルファベットでの記載を想定され作られていますので、日本の名刺と比較するとサイズが小さく設計されています。

スポンサーリンク

私が知っているだけでもこれだけの紙質、厚さがあります。
おそらく探せば、多種多様な規格の名刺用紙が見つけられると思います。

自分で印刷する方に便利なプリンター用名刺用紙

一般的にプリンターはインクジェットとレーザープリンターがあると思います。
自分が使用するプリンターの種類によって仕上がり度合など違いが出来る為、名刺用紙を変える必要があります。このあたりに関しては、説明は不要だと思いますのでプリンターに合わせて名刺用紙を変えるという事だけ覚えておいてください。

どの用紙も、プリンターメーカー(キャノン、エプソン、HPなど)に対応していると思いますので、インクかレーザーかを注意すれば問題ないでしょう。

名刺印刷用テンプレートをご紹介!!

名刺印刷用のテンプレートは、インターネット上で様々なテンプレートダウンロードサイトがあります。
今回このページでは、テンプレートBANKというサイトをご紹介致します。
このサイト利用には登録の必要性がありますので、利用の際には無料登録をして下さい。

このテンプレートBANKの魅力は、個性あふれるデザインが豊富でより個性をアピールできるテンプレートが魅力です。
デザインは豊富で、私が見た時にはA4 10面印刷が164種類、8面印刷が116種類ものテンプレートが用意されていました。

このテンプレートBANK以外にも、色々な名刺印刷用テンプレートをダウンロードできるサイトがあるので、あなたの気に入ったデザインテンプレートを探してみましょう!!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ