子供の虫歯予防について

子供の虫歯予防について解説。フッ素やキシリトールの虫歯抑制効果や虫歯の原因、正しい歯磨き方法や恐怖についての知識。子供の白いキレイな歯を守りましょう

スポンサーリンク

どうして虫歯になる??

私自身も虫歯を持っていますし、今現在も歯医者に通っています。
毎朝、毎食後に歯磨きをしているのになぜ人の歯は、虫歯になるのでしょうか。

虫歯になるメカニズムとして、口内での糖分と虫歯菌の存在があげられます。2つが合わさることで、虫歯が発生すると言われています。

極端な話この2つのうちどちらかがなければ、虫歯にはならないはず。
これらの要因により、虫歯予防には歯磨きが重要なのです。

また違う要因としてあげられるのが唾液。唾液には殺菌効果があり、虫歯予防に一役かっています。今現在虫歯を抱えている方!!あなたの口は乾いていませんか?
口が乾きやすい方も虫歯体質といえますので、口呼吸を意識的に改善し食べ物をよく噛むなど生活習慣を改善してみましょう。

フッ素の虫歯予防効果

さて今回のテーマは『子供の虫歯予防』でしたね。
保護者の方はすでに歯医者さんで勧められているかもしれませんが、フッ素コーティングというものがあります。歯磨き粉にもフッ素配合のものが一般的になり、何となく良さそう!と思って使っている方も多いのではないでしょうか。
フッ素がもたらす虫歯予防効果を調査したのでお知らせします。

スポンサーリンク

フッ素の作用は、フッ素でコーティングすることで虫歯菌が出す酸に侵されない強い歯にする効果があり、虫歯菌が酸を生成できなくする抑制効果があるということです。また、フッ素には歯の再石灰化を促すチカラを秘めているようです。フッ素の作用は、いずれも虫歯には非常に効果的であることがわかりました。

注意点として、フッ素コーティングしたから虫歯にならない!!というわけではありませんので、正しい歯磨きや食生活は意識しましょう。

キシリトールの虫歯抑制効果

キシリトールというのは甘味料の一種なのですが、ほかの物質と比較して酸を作らないという特徴があります。
キシリトールが虫歯予防へ作用するチカラとして、虫歯菌の活動抑制があげられます。虫歯菌がキシリトールと合体することで、虫歯菌はおとなしくなってしまうそうです。つまり、キシリトールで虫歯菌が増殖・活動することを抑えられるのです。

キシリトールがもたらす効果は人によってかなり違うようですが、継続的にキシリトールを摂取することで虫歯菌が弱体化することは間違いないでしょう。

子供の正しい歯磨き方法

虫歯予防の最有力手段歯磨き。 正しい歯磨きの第一歩として、自分に合った歯ブラシを見つけることです。
歯ブラシは、歯を傷めないように、『やわらかめ』がいいそうです。

歯磨きは習慣化するものですので、前歯⇒左奥歯⇒右奥歯など自分なりの磨く順番を
決めてブラッシングを行うことで磨き忘れを予防しましょう。

ブラッシングのコツは、ブラシを歯に対して直角に当てやさしく磨きましょう。
歯磨きの時間は、5~10分が理想的と言われています。
歯間ブラシなどを使って丁寧にやることも忘れずに!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ