くらしの知恵袋>奥入瀬の紅葉

奥入瀬渓流の紅葉時期 見頃はいつ?

スポンサードリンク

奥入瀬渓流の紅葉シーズンは毎年平均だと、10月中旬から11月中旬の約1ヶ月間です。

十和田湖周辺(雲井の滝〜子の口)までとなると若干遅れ、11月下旬頃まで見頃となる事が多いようです。さすがに12月に入る時期ですから日中でも気温は低くなります。しっかりと防寒着を着て奥入瀬渓流を散策し紅葉を楽しみましょう!!
自然を甘く見て薄着で紅葉を見に行くと、想像以上に冷え込んでいてとても紅葉どころではなくなりますよ!!セーターやマフラーだけじゃなく、コートやジャンバーは必須です。
手袋やカイロを用意しているとなおいいですね!

奥入瀬渓流の全長はおよそ14q。
一日で最初から最後まで歩くとなると、非常に大変です。奥入瀬の紅葉を気軽に楽しむなら、奥入瀬渓流9か所にあるバスを使う事で効率よく奥入瀬を散策できるでしょう。

奥入瀬紅葉の見所スポット

奥入瀬の見所と言えばやっぱり20か所以上ある滝ではないでしょうか?さらに滝に加え、清流のダイナミックな流れを堪能できる奥入瀬は日本有数の清流です。

焼山から始まり紫明渓、石ヶ戸、阿修羅の流れ、昭和池、雲井の滝を通り、銚子大滝、五両の滝を過ぎ十和田湖畔へ...。一般的な観光名所を挙げてみましたが、あなたはどの場所から奥入瀬紅葉を始めますか?
まとめて制覇したいところですが、無理をせず要所を事前に計画し散策しましょう!!

奥入瀬渓流 徒歩で制覇するとどれくらい時間がかかる?

焼山出発 ⇒ 黄瀬(1.8q) ⇒ 小惣部橋(1.7q)ここまで約60分

小惣部橋 ⇒ 石ヶ戸(1.7q) ⇒ 馬門岩(1.3q)ここまで約50分

馬門岩 ⇒ 雲井の滝(1.3q) ⇒ 玉簾の滝(2.4q)ここまで約70分

玉簾の滝 ⇒ 銚子大滝(2.3q) ⇒ 子の口(1.6q)ここまで約80分

奥入瀬渓流制覇までの所領時間・・・260分!!(約4時間)

奥入瀬はご存じのとおり渓谷です。平坦な道ばかりではありませんので、かなり疲れます!!歩きやすいトレッキングシューズやスニーカーを履いて紅葉に出掛けて下さい。
絶対にハイヒールやサンダル、革靴ではいかないで下さいね!!

最後に...。

奥入瀬の紅葉シーズンには『マイカー規制』がかかります。奥入瀬の惣辺交差点〜子ノ口交差点の間で、紅葉シーズンには大渋滞をしています。
週末にかかるようで時間は9:00から16:00だったと思います。

毎年の事ですが、奥入瀬の紅葉シーズンには大勢の観光客が訪れます。十和田湖周辺に宿泊する事が多く、周辺ホテルは若干騒がしい感じになるようです。
せっかくの静かな時間を台無しにしたくない!!ゆっくりと羽を伸ばしたい!!と思うのであれば、『奥入瀬渓流温泉野の花焼山荘』という宿泊先がオススメです!

スポンサードリンク

Copyright © くらしの知恵袋 All rights reserved