スキルス胃がんの症状と生存率

スポンサーリンク

スキルス胃がんの症状と生存率について。胃癌の初期症状や特徴などガン予防に役立つ情報を掲載中。スキルス胃がんと一般的な胃ガンの違いなども

スポンサーリンク

スキルス胃がんの症状につい

スキルス胃がん発症を早期発見できる事は稀です。初期症状では違和感を感じる症状はなく、ある程度ガンが進行し自覚症状が出るまで気づくことができない場合が多いです。

スキルス胃がんが進行すると、胃もたれや不快感だけでなく、痛み、場合によっては胸やけを感じることでさえあります。
この症状が進行し悪化すると、吐血や急激な体重減、身体全体の倦怠感がスキルス胃がんの症状としてあらわれます。

先ほども記載したように、スキルス胃がんの初期症状は感じることができず、健康診断など定期的に受診していても発見できない事が大半です。自覚症状を感じ、精密検査を受けた時には既に、リンパなどあらゆる箇所に転移が見受けられる場合がほとんどだといわれています。

スキルス胃がんは、ほかの癌同様に臓器に転移します。発見が遅れれば遅れるだけ治療が難しくなり、手遅れになる場合も少なくありません。

スキルス胃がんの特徴について

通常の胃がんは、胃の粘膜に爛れを引き起こし徐々に進行します。
爛れが進行すると潰瘍になるといった具合です。スキルス胃がんの場合には、粘膜上の変換はほとんどないので、レントゲンや内視鏡などの精密検査受けても異常が確認できず発見ができないとされています。

スポンサーリンク

癌治療において、早期発見は今後の生命に影響するほど大切なことですが、スキルス胃がんの場合にはこれらの要因により発見が遅れ手遅れになる場合がほとんどです。いわゆる末期がんというレベルになってからのガン治療ですから、すでに効果が治療薬や治療法などがないのです。
また、末期でなくても状況によっては手術が困難な場合もあり抗がん剤での治療をよぎなくされます。そうなってしまえば、ガンを克服することはほぼ不可能で末期がんまでの時間稼ぎになってしまいます。

スキルス胃がんは、一般的な胃癌とは違って若い女性(30代)が発症しやすいという傾向もあるようです。
決して、『私は若いから大丈夫』なんていう軽い気持ちは持たないでください。

スキルス胃がんの生存率は?

一般的な胃癌と比べると、圧倒的に生存率は低いです。

生存率が低い原因としては、やはり、発見が遅れる場合が多いためです。発見されたとしても、すでに進行しており手術できない場合が多いのも要因の一つでしょう。
また、手術したとしても5年間の生存率は極めて低く10~20%と言われます。

そして手術できなかった場合、抗がん剤によるガン治療が行われますが効果は薄く期待はできません。今、現在の医学・医療設備ではスキルス性胃がんを早期発見できる能力はなく、今後の進歩に期待です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ