小学校の塾は必要??

スポンサーリンク

小学校、小学生の塾に通う必要性について。近年では小学生でも受験戦争が勃発し英才教育などが一般的になっています。このサイトでは、小学校の英語や国語文章力、作文力など小学生の勉強をテーマに解説しています

スポンサーリンク

小学校に通う生徒の塾・公文に通う必要性

あなたの周りにはどれくらい習い事をしている子どもがいますか??
私の小学校時代にはクラスの1割くらいでたが、今では当たり前のように、公文(くもん)や塾などに通っています。

熱心な子供(保護者?)の中には、学校が終わると塾へ直行し食事はコンビニ弁当….というようなスーパー小学生?もいます。

最近では、学習塾以外にもピアノや水泳、書道に剣道、空手など細かく見ていくと、約90%の小学生が習い事をしているデータがあります。それでも大抵の習い事は、学習塾や公文など勉強に関することでしょう。近年増える小学校の習い事。

子供の為と思って通わせているかもしれませんが、無理矢理にやらせていませんか?
自主的に取り組んだことというのは、伸びが早いものです。

小学生が習う国語授業の重要性

国語と学習科目は、科学・数学・政治あらゆる分野にリンクする基礎分野です。

スポンサーリンク

もしかしたらあなたもすでに感じたことがあるかもしれませんが、平成生まれの社会人と一緒に働くと驚くほど漢字を書けなかったり、言葉の意味を理解していないということがよくあります。
まぁ人の人生・歩んできた道なので否定するつもりは微塵もありませんが、
『正しい言葉』を理解していない。知らないというのは、社会で生き抜く上で非常に不利です。子供の事を本気で考えるなら、スパルタ教育でも何でもいいです。
漢字の読み書き、言葉の意味くらいはしっかりと勉強させましょう。

漢字が読める。意味がわかるとちょっとした書籍も楽しくなるはず。
結果として、国語力上昇になったりなど一石二鳥?

近頃の小学生が持つ文章力と作文力

生活が便利になるにつれ、既に小学生時代から、活字離れ・国語力低下が加速しています。文章力や作文を作る力って短期間ではどうしようもできません。

極端に言うと、学校の授業を受けているだけでは決して上手にはならないと思います。 不自由しない文章力を身に付けるコツは、『単語が持つ意味を理解する。』
『覚えた単語で状況にあった短い文を作る。』これを繰り返すことで、様々な単語を覚え短文を作れるようになります。

『覚えた短文をつなげる練習をする』事で、基本がしっかり身に付いているはず。
この『文をつなぐ』というのが作文・文章力になってきます。 子供の学習意欲を損なわないために、上手な文が書けた。作れた場合にはしっかりとほめてあげましょう。

褒められることで子供は、『また褒められたい!!』という気持ちで頑張ります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ