幼稚園選び

スポンサーリンク

幼稚園の選び方について。幼稚園にかかる費用や保育園との違い。教育方針の大切さや入園時期について解説します。万が一、子供が登園拒否してしまったら?などちょっとした解決方法も

スポンサーリンク

幼稚園への入園時期について

初めて幼稚園に通う子供も不安ですが、親も意外と不安ですよね。わからないことだらけで….。
そういった保護者の方へ、一般的な疑問など参考にしていただける内容でまとめました。

3才クラスへ入園させる場合には、3才になっていなければなりません。今年誕生日だから、3才クラス。というわけにはいかないんですね。一般的な入園時期は、満三歳を迎えた次の4月に入園します。

ただ、昔と違って今は、「三歳の誕生日が過ぎれば、すぐにでも入園させてOK!!」なんていう幼稚園もあります。

公立幼稚園か私立幼稚園かによっても、各幼稚園で制度が違います。各園によって違うので、入園を希望する場所に直接問い合わせてみましょう。近年では、待機児童と呼ばれる幼稚園に入りたいのに入れない子供も大勢いますので、出来るだけ早い行動をしましょうね!!

幼稚園の入園に伴う費用について

それでは次の心配事である、幼稚園に入園した際に発生する費用についてです。

スポンサーリンク

実際問題、幼稚園によって費用はバラバラで私立・公立で大きく差があり一概には言えません。ただ、絶対に費用だけを見て子供を入園させることはやめましょう。

安い費用での失敗談として、送迎バスが運行していなく毎日の送り迎えを余儀なくされるなんてことがあります。
一般的な幼稚園では、入学金や月々の保育料は世帯収入によって変動することも多いので入園前に確認しておくとよいでしょう。

入学金、保育料以外にも教材費や積立金なども発生します。制服ならまだいいですが、私服となると大変です。毎日同じ服を着せるわけには行きませんから、それなりの数と種類が必要ですね。
自治体によっては幼稚園入園に対し、補助金給付されるところもあるので事前に確認してください。そのままだと、貴方は損をしているかもしれませんよ!?

幼稚園が持つ方針の重要性

小さい子供の今後に大きな影響を及ぼす幼稚園。

そこでの教育方針をしっかりと理解したうえで入園するのが賢い教育でしょう。
あなたのお友達が入園するから、など安易な気持ちで入園すると将来後悔するかもしれません。

英才教育を望むのか、それとも、ゆったりとした教育を望むのかなど、子供の教育で重要視する部分を中心に調べてみましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ